富山旅行 2日目

  • 2019年10月13日
  • 2019年11月3日
  • 旅行

2日目は富山県にある相倉合掌造り集落に観光することにしました。

詳細は↓こちらから確認ができます。

https://www.info-toyama.com/spot/41003/

富山駅からバスで行けるので旅館から一度富山駅に向かいます。

こういったローカル線って何かいいですよね。

 

 

富山駅からバスに乗ること大体1時間。ようやく相倉合掌造り集落に到着しました。

バスはそこまで混んでいなかったので快適でしたが、途中で高速に乗ったりと結構遠かったですね。
想像以上に山奥にあるって感じでした。

あとは結構外国人観光客が多いなーって印象でしたね。自分たちが乗ったバスにも外国人の方が一人で観光していました。
(どこからこのスポットを知ったんだろうか・・・)

最寄りのバス停で降りて歩いて現地に向かいます。5分位歩けば到着します。

 

 

到着!!

右端に見えるトイレも綺麗でした。

 

 

こちらの集落は観光に力を入れいているのか民宿があったり、お食事処があったりします。

 

 

 

スズメバチの巣かな?
田舎ってスズメバチの巣を玄関先に飾るところ多いですよね。

自分の実家周辺も玄関先にスズメバチの巣を飾っている家が結構ありましたね。
験担ぎなのかな・・・?

 

 

こういった景色は自分の田舎でもよく見る光景なので、何だか懐かしかったですね。

 

 

 

 

屋根の内側。

見学ができるお家はいくらか見学料を払って中に入ることができます。

 

小学生の登校写真。
見学できるお家に昔の写真とかが飾ってあって見ることができます。

決して交通の便がいいとは言えない地域なので、若い人達は都会の方にでているのかな。
過疎化もすすんでいるんだろうな~。

自分も大学に進学するまでは実家住まいだったので大分田舎で生活していたんですけど、当時はそんな田舎が嫌でしょうがなかったですね。
冬は雪が大量に降るので車がないとほとんど生活が成り立たないし、自分が好きなスポーツも外ではできなくなるし、
とにかく寒いし・・・

そんな嫌でしょうがなかった田舎ですが、離れてみるとその良さがしみじみと分かりますね。
年を取ったからかもしれないですけど、最近は観光するとき田舎に行きたくてしょうがないっす(笑)

 

 

集落特有の服。

 

 

 

昔の写真。

 

 

集落の行事かな。

自分の田舎もそうですけど、その地域特有の行事って歴史を感じることができてなんだかいいですよね。
しかし、すごい人数ですね。親戚だけではなくて近所の人も参加しているのかな。

 

 

囲炉裏

 

 

 

 

こちらの集落ですが、自分が行った観光地の中でもかなり好きなスポットでした。
集落の人と少し会話できる機会がありましたが、やはり冬の季節は生活大変らしいですね。

自分も雪が多く降る地域出身なので、なんとなくその大変さは分かる気がします。

 

大体2時間位観光して満足した後は帰宅することにしました。

 

いつものように新幹線の中で駅弁を食べて終了。

 

う~ん。今思い返してみても良い旅でしたね。

 

最新情報をチェック!!

旅行の最新記事8件